読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吉村が治(おさむ)

引越しを格安にしたいという場合、頼りになる業者が赤帽でしょう。

中でもコンパクトなミニ引越しにおいては評価が高い引っ越し業者です。
ほとんどが時間制の料金が適用されるので、ドライバーの運搬を手伝えば作業時間を短縮することが出来ると思います。

赤帽で使う車は軽自動車なので積載量が心配かもしれませんが、予想以上に荷物を積むことが出来ます。

面倒な引越し作業に時間を使いたくないという方は、アート引越センターに作業を依頼すると、滞りなくすすめることができます。荷造りに必要な段ボールの準備や、引っ越し当日の家具の梱包から運搬など、引越しに関わる全てのことをサポートしてくれると思います。
一人では難しい家具運びもきちんと対応してくれますから安心ですし、順調に転居先に移ることができます。引越しを何度繰り返したとしても、その準備の大変さには慣れません。慣れない引っ越しなら尚更でしょう。
この負担を軽くするためのコツですがはじめに、時間に余裕を持たせた計画を作りましょう。

それを出来るだけ大ざっぱに実行することがポイントになります。当然、計画通りに進められるのならそれが一番良いのですが、引っ越しにおける失敗の多くは、複雑な手続きに追われて、家の中の作業が手付かずになってしまうことなのです。立てた計画を大雑把にでも実行しておけば、多少の遅れがあっても気持ちに余裕が持てると思います。
うちの洗濯機はドラム式で、以前、転勤で少し距離のある引越しを経験しています。
新居に引っ越しの荷物が届けられた時、濡れて水を含んだダンボールに気付きすぐに業者に電話をしました。原因は、洗濯機でした。



ホースの中の水がそれが流れ出てしまい、誰も気付かないままずっとトラックで運んできてしまいました。箱が濡れていただけで、別段何か損害が出たわけではありませんが、ホースの中に残った水を抜く、ということは考え付かなかったのでまた引っ越しの機会があれば、その時は忘れないでおきます。
大きめの家電などを、引越し作業中に運んだりしているのを見かけると、つい、当てられたりしないか、などと注目してしまいます。

見積もり時と違う大きさのトラックに苦労した引っ越し


うっかりぶつけて故障してしまった、なんていう事態になったら困りますので、作業スタッフの面々が、荷物を丁寧に運んでくれる会社を信用しています。私自身は、仕事の都合で何度も引っ越ししていますが、大体いつも業者と一緒に作業をしており、これまでのところ、荷物をぞんざいに扱われた経験はありません。

それに、作業が原因で、荷物がダメージを受けた場合は補償を受けられますので、自分でせっせと傷をつけながら運んだりせず業者を利用した方が、結局損はしないような気がしています。


世間では、一般的に春や秋が引っ越しのシーズンだと言われています。

この時期と言うのは、大学入学や就職や転職といった環境が変わるイベントが多いことが主な理由です。

実際に引っ越しするとなると、手間がかかって面倒だという話を耳にすることもありますが、手続きがややこしいという点が大きな理由のようですね。

水道や電気、市役所への複数の必要書類などなど、転居元、転居先どちらにおいても欠かせない手続きが多いので、しっかりと計画を練って作業を終わらせていく必要があります。

人により引越しのやり方は様々ですが、全てを業者にお任せするという人も最近では多いようです。



しかしそうであっても、大型の家具や、重い家電が運ばれる際には、任せっぱなしではなく、作業をそばで見ておいた方が良いです。作業しているスタッフがもし、大型の荷物を運んでいる時に誤って傷をつけるなどの損害が発生した場合、標準引越運送約款により、業者は補償を行なうことになっています。

ただ、荷物についた傷は引っ越しの時ついた、と確認できないと、補償がおりないこともあります。


業者に引越しを頼む場合、金銭面の負担は避けられませんが、業者の選び方で必要な出費が格段に安くなる場合があります。

出来るだけ無駄な出費のない業者を選択しましょう。他より多少費用が高い業者でも、ゴミや不用品を回収してくれるサービスを提供している業者もあるようですから、複数の引っ越し業者に見積もりをお願いして、セットのサービス内容と合わせて検討してみるのが良いでしょう。



早いうちから、始めておいた方がいい引越し準備として必要な物と不要な物の選択をしていくと、要らなくなった家具や家電といった、大型ゴミがうまれます。

たくさん出てしまう引っ越し時の粗大ゴミ、これらは普段のように、ゴミ収集日に出すことはできなくて、自治体に処分方法を聞いてそれに則り、処分するようにしましょう。引越し日が近いのにゴミがまだまだある、という事態を避けるためにも、少量ずつまとめてなど、工夫しつつ処分を進めましょう。
手際よく準備を進めていく行動色も、引っ越しには大切ではありますが、常に頭に置いておきたいのは出費を格安にすることです。引越しの準備には何かと物入りになって、予定していた金額をあっという間にオーバーしてしまうこともあります。いかに安い業者に頼むのかが重要ですので、複数の引っ越し業者に一括で見積もりをお願いできるサイトを利用して、一番安価でサービスの良い業者を見付けるのが良いと思います。